韓国看護師紹介プログラム

韓国看護師紹介プログラム

日本の看護師国家試験に合格した韓国人看護師を病院・施設にご紹介するプログラムです

○韓国看護師が日本の看護師として入職できる条件

  • 韓国の看護師免許をもっていること。
  • 日本語能力1級をもっていること。
  • 日本の看護師免許又は准看護師免許をもっていること。

    *日本語能力はここではJLPTに限ります。運営は国際交流基金と日本国際教育支援協会が運営。
    日本語能力1級(N1)レベルは幅広い場面で使われる日本語を理解することが出来る。

    (参照 https://www.jlpt.jp/

○紹介料

正式入職時に100万円(税別)となります。
入職者が退職した場合は、退職までの期間に応じて所定額を返金いたします。

*1)入職後3ヶ月以内の場合は80%
2)4ヶ月超6ヶ月以内の場合は50%
3)7ヶ月超9ヶ月以内の場合は25%

○タイムスケジュール

  • 韓国看護師紹介プログラムの契約をします。
  • 契約後、法人様・施設様のパンフレット、労働条件など資料を頂きます。
  • その資料を韓国看護師に開示し、募集を募ります。

○入職までの流れ(日本語能力1級をもっていることが前提です)

  • 韓国での面接会に参加していただきます。(強制ではございません)
  • 日本の病院現地面接会に参加していただきます。
    *この時の、看護師の渡航費は法人様が負担していただきます。入職時に負担金額を看護師に渡してください。
  • 1もしくは2、1と2の両方後にマッチングが合えば条件つき内定の契約をかわします。
    *条件つき内定とは、日本の国家試験に合格を条件に採用内定をだします。
  • 厚生労働省に看護師国家試験受験認定面接をうけます。
    *日本語能力1級取得者は4月から8月までに、7月に日本語能力1級取得者は9月になります。
  • 10月~12月に正看護師試験、准看護師試験の願書手続きを行います。
  • 翌2月に正看護師試験、准看護師試験を受験します。
    *2018年度は准看護師試験の会場は宮城県です。
  • 3月から4月にかけてビザの申請、看護師免許の手続きをします。
  • すべての申請、手続きが終わり6月入職となります。

*4.5.7の項目に関しては弊社でサポートいたします。

申し込みは無料で行えます。
申し込みフォームからお気軽にお申込みください。

登録病院・介護施設一覧

韓国人看護師

ベトナム人介護福祉士

成約者の声

介護とは

プログラム-施設向け-

プログラム-ベトナム向け-

▲ ページトップへ